多い世

DSC00130 Cameringo_20150928_102052 DSC00250

東京タワーの避雷針は塔頂部に設置されており、以前の避雷針の1本の長さは160cm。タワーには2002年時点で、年平均13回の落雷がある[53]。以前は避雷針を有している構造物の45度の範囲は落雷被害が低減する保護範囲があると言われていたが2003年に改訂されて、高さ20メートルをこえる建物に旧JIS規格で設置された避雷針では建物側面への落雷を防ぎきれず雷害につながる可能性があるとされた[54]。落雷時に展望台室内にいても気づかないことの方が多く[53]事故も報告されていないため金網で囲まれている外階段や施設屋内は落雷に対して安全性が高いと言えるが、雷は必ず避雷針に落ちる訳ではなくタワーの側面などに落ちることもあり得るため施設屋外にいる場合には速やかに避難する方がよい。

構造美

「東京タワー」の名称は完成直前に開かれた審査会で決定した。事前に名称を公募し、最終的には86,269通の応募が寄せられた。一番多かった名称は「昭和塔」(1,832通)で、続いて「日本塔」「平和塔」だった。他には当時アメリカソ連人工衛星の打ち上げ競争をしていたことから「宇宙塔」、皇太子明仁親王今上天皇)の成婚(1959年)が近いということで「プリンス塔」という応募名称もあった。しかし名称の査会に参加した徳川夢声が「ピタリと表しているのは『東京タワー』を置いて他にありませんな」と推挙し、その結果10月9日に「東京タワー」に決定した。「東京タワー」での応募は223通(全体の0.26%、13位[48])であり、抽選で神奈川県の小学校5年生女子児童に賞金10万円が贈られた。

DSC00250

東京タワーの完成に先行して開局していたNHK総合テレビジョン・日本テレビ放送網(NTV、以下「日本テレビ」と表記)・ラジオ東京(1960年に東京放送(TBS)に改称。以下「TBSテレビ」と表記)は、それぞれ自局の敷地に電波鉄塔を建設してテレビ放送を行っていた。

最上部

この塔の建設に先立ち「日本電波塔株式会社」が設立され、建築設計の構造学を専門とする学者の内藤多仲と日建設計株式会社が共同で塔の設計を行った。内藤は当時話題を提供していたドイツシュトゥットガルトテレビ塔(216.6m)を参考に鉄筋コンクリートの塔を想定した検討を行うが、特に基礎に関して敷地の関係などかなりの困難が伴うとの判断から鉄塔で計算を進める方針となった[35]

前田久吉は「建設するからには世界一高い塔でなければ意味がない。千三百余年も前に既に高さ五十七メートル余もある立派な塔(五重塔)が日本人の手でできたのである。ましてや科学技術が進展した今なら必ずできる」と高さの意義を強く主張し、設計の条件としてアンテナを含めた塔の高さが380メートル。高所に展望台を設置する。塔の下に5階建ての科学館をつくることを挙げた。本来東京全域に電波を送るには380mの高さが必要とされていたが風の影響でアンテナが揺れ画像が乱れる可能性があったため、影響を受けず且つ関東地方全部を守備範囲にできるぎりぎりの寸法として全高333mと偶然「3」が続く語呂合わせのような高さになった。この高さはフランスパリエッフェル塔の312m(2000年現在は324m[36])より21m高く、当時の自立式鉄塔としては世界最高だった。

当初は最上部で風速90m、下部で風速60mの強風と大地震(同タワーの耐震設計で考慮された水平震度は0.99Gで関東大震災時に小田原付近で推定された加速度の約2倍に相当)に遭遇しても安全な様に、軽量化に有利な電気溶接ではなく、重量がかさむが当時では確実な技術としてリベットによる接合での構造設計がなされた。風力係数は当時の建設省建築研究所の亀井勇教授に依頼し、風洞実験を行った。地震力はまだ静的解析の時代であり、鉄塔では風圧力の方が支配的であったこともあり建築基準法の地震力算定法通りk=0.16+h/400を水平震度として適用した。解析、計算は全て手計算でトラスの解法として一般的であったクレモナ図解法とカスティリアーノの定理が使用された。

DSC00251

東京タワーの建設前、放送事業者は個々に高さ153 – 177mの電波塔を建設して自局の塔から放送を行っていた。しかしこの高さだと放送電波は半径70km程度しか届かず、100km[注釈 6]離れた銚子水戸では満足に電波を受信することができなかった。また受信アンテナには指向性があるため、チャンネルを変える毎にアンテナの向きを各電波塔の方向に変えなければいけないという不便が生じた。

さらに鉄塔の乱立は都市景観においても好ましい状況ではなく、当時郵政省の電波管理局長であった浜田成徳を初めとする関係者の中で電波塔を一本化する総合電波塔を求める機運が高まっているところ放送事業の将来性に着目した前田久吉と鹿内信隆[注釈 7]の各々によって計画され、まもなく両者の計画は一元化された。

他の計画案もあったが高さ300mを超える案は東京タワーのみで、次に高いものは200m級であり放送事業者の既存の限られた土地を利用するため展望台のないスリムなものであった。浜田はエッフェル塔を超える世界最大の塔を造り、そこに展望台を設けて集客すれば建設費は10年で元が取れると考えていた。

東京田和

DSC00130

高さは333mと広報されており(より正確には332.6m[3]海抜351m)、塔脚の間隔は88.0m[注釈 1]。総工費約30億円、1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成した。地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔である[4]

昼間障害標識として、頂点より黄赤色(インターナショナルオレンジ)と白色を交互に配した塗装となっている。テレビおよびFMラジオのアンテナとして放送電波を送出(#送信周波数・出力を参照)、また東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナとして緊急信号を発信する他、東京都環境局の各種測定器なども設置されている。

長らく高さが日本一であったというイメージが強いが、実際に日本一高かったのは1968年6月26日に小笠原諸島が日本に返還され南鳥島ロランタワー硫黄島ロランタワーに抜かれるまでの約9年半と、対馬(長崎県)のオメガタワーが解体されてから東京スカイツリーに抜かれるまでの約11年間である。ただし、自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半は日本一の高さであった。現在はスカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物である。

Hello world!

建設地は安定した電波を供給するために巨大な電波塔の建設が可能な広さと強固な地盤を有していること、魅力ある展望台のために工場などの煙が景観を妨げないことなど厳しい条件が求められた。

当初は上野公園付近への建設も検討されたが海抜18mの高台にある港区芝公園地区は基礎を打ち込むための東京礫層地盤もより浅いところにあり、国の中枢機関や各放送事業者との距離が近いなど報道と観光の両面に恵まれた立地であった。

増上寺の境内は25区画に分割された公園に指定されており日本電波塔株式会社は「紅葉山」と呼ばれる、以前紅葉館という高級料亭のあった区画を購入した。土地の買収は増上寺の檀家総代に前田が日本工業新聞の社長時代から親交があった池貝庄太郎がおり、増上寺との間を取り持って用地買収を成功させるよう働きかけた。また芝公園4丁目地区の周辺一帯は建物倒壊危険度、火災危険度、避難危険度を示す地域の危険度特性評価(東京都 2002年実施)において「相対的に危険度の低い町」を示すAAAの評価を得ており、防災面でも電波塔の立地に適していることが後に判明した。

タワーより西側の住民は飛行機の衝突、交通渋滞ゴミの増加、環境が悪くなり子どもに悪影響があるのではないかとタワー建築に反対の姿勢であった。側は、当時の国鉄浜松町駅からタワーへ向かう客により潤されることを期待した。